ダメダメゲーマー無気力症候群なオタク女の日記です。たまに電波だったり毒吐きだったり信者だったりして痛いので心して読んでください。


by herc-rubbish
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お昼過ぎからのはっちゃけテンション。。。。。。。。。。。。。。(これくらい?)

今日はこうやくんと神戸に行ってきました
仕事を午前で切り上げて。
明日はテンションの上がらない予定があるので今日の日記は初の二本立てでいっきまーす。

今日は前半戦。異人館の話。

我ながら異常に高いテンションで、新神戸で異人館巡りとかしてきました。


異人館…イイですよね。
国の特色とか日本にとってのその国の重要度とかが垣間見えて。

しかし…毎度ながらこうやくんといると携帯絡みで面白いことが起こるわけでして…


僕、知らんうちに中学の時の友達に電話してたみたいなんですよね。たぶんなんかの間違えで。


あんまりにも久しぶりで(中学卒業以来声は聞いてなかったから)びっくりして妙ちくりんな敬語で対応したりして(笑)

あんまりにもドキマギしすぎて変なノリになってました。こうやくんほっぽらかして(最悪)

あ、異人館の方ですが、9ヶ所入れるチケット買ったんですが…ドレス着て(って言うんだろうか。あれは。)写真撮ったりできるんですよ。一着分無料で。
本当は職員の方が撮ってくださるみたいなんですが(じゃないと何着着たのかわかりゃしないし)ちょうど留守になったときに着替えて行ったみたいでお互いにお互いの恥をさらしてきました。
いや、恥さらしたのは僕だけか。
こうやくん普通にかわいいしなぁ。悔しいことに(笑)
僕はなんかビクトリア調な成金ドレスでちんちくりんステッキ構えてみました。
オフの知り合いで見たい人は挙手してください。漏れなく目が腐るものを見せてさしあげますよ

タキシードが着たかったとか言ってる時点で終わってますががっつりシンデレラの継母気分を味わえたのでこれはこれでよかったです。あぃ。
ただしこの『ドレス』の作りがものごっそびん坊ちゃま風だったんですよ。
あ、流石に年齢のバレるネタか?これは。

同じくコスプレ的なものが英国館にあったので勿論それも着てきました。
シャーロック・ホームズ風の外套。

マントってやつです。

帽子もありました。

うふふっ。楽しいですよね。ああいうのって。


館の方は…挙げていくと
剥製まみれの狭い館(でも構造は一番商売気があって好きでしたよ)
玄関は一つなのに出入口が二カ所ある家としてはおかしな造りの狭い家(でもフランスらしく茶器が異常に綺麗でした。あとおばちゃんメイドさんが窓拭いてていきなり現実に戻されたり。)
一階にすげーカッコイイバーがあって二階が阿片中毒の中年かの有名な名探偵シャーロック・ホームズの家が再現されてたり、妙に小さいベッドがあったり無駄にまずそうだけど種類だけが異常にある英国のブレックファーストが(食品サンプルで)再現されてたり…
至る所に可愛い国旗があしらってあって、近隣の館の二倍はゆうにある広さを誇る館とか…
奥まで(入場券の範囲外だったので)入らなかったオランダとかオーストリアとかの館とか
本当に鱗みたいな壁の鱗の館とか(つーかここは何人の館だったんだろう。チェストに彫ってある戦女神がアテナなのかブリュンヒルデなのかが気になって仕方がない)
矢鱈とガンダーラ仏がたくさん飾ってある館とか
ドラクエの村の教会を彷彿とさせる小さいチャペルのついたファブレ邸館とか
他と比べて広くはないはずなのに妙に洗練されてて、英国館の自然を活かした庭とは対象的な整然としてどこから見ても美しい庭のある昔の中国の領事館とか…


楽しかったですよ。

いつも中国に対してあんまし好意的な事を言わない僕ですが(革命思想が好きくないんですよね。『君君たらずとも臣臣たらざるべからず』な思想を信奉してるし。)中華の芸術文化は心から愛してます。


あとはメインイベント(明日書きますが)の為に駅の方へ向かっていると妙に看護婦みたいな色合いのメイド服着たおばあちゃんメイドさんが、現在も人が住んでる異人館を公開してるとか言ってましたが余所様のお家に観光目的で上がり込むほど図々しくはなれませんでした
商魂逞しいっつーにも程ってもんがさ…ねぇ?


あ、気付いたら日付かわってら。
続きは今日の晩。メインイベント行きますッ!
[PR]
by herc-rubbish | 2008-06-15 00:33 | 日常の戯言